10/12 パチンコ漬けの日々・・・

      2017/10/12

僕が借金を全く返せていない原因。

それはパチンコによるところが一番大きいと思っています。

 

初めてパチンコに行ったのは2013年の7月の海の日でした。

この日のことは今でもよく覚えています。

当時僕は既に100万円の借金を抱えてしまっていました。

 

その頃競馬を初めて1年にも満たない頃でした。

 

仕事の休みの日は競馬に明け暮れている毎日でしたが、

祝日の休みとなってしまうと、当時は中央競馬しかやっていなかったので競馬ができない休みの日となってしまいます。

 

競馬でも負けが続いていたのですが、ギャンブル依存症に片足を突っ込んでいた僕は、

パチンコにでも行ってみようかと思ったのでした。

「パチンコは勝てるよ、パチンコで生活費を稼げる」

と言っていた仕事関係の人がいたのも影響していると思います。

 

昼ごろから近所の寂れたパチンコ店へと足を運びました。

やり方もわからないのに、台に1000円を入れました。

パチンコはヘソというところに入れて抽選が始まるのですが、それすらもわかっておらず、

ただ右に思いっきり玉を弾いていました(笑)

 

2000円位使って何も起こらなかったので、(そりゃやり方間違ってるのだから当然だ!)

その店を後にしました。

 

きっとこの店が悪かったんだ。他の店に行ってみよう。

 

そう思った僕は1日予定がなかったこともあり、電車に乗って客の多く入っている店へと移動しました。

 

はじめに行った店には無かったのですが、その店には1パチというものがあることがわかりました。

意味はよくわかっていなかったのですが、レートが低いということはわかりました。

 

さっきは1000円があっという間に無くなってしまったし、1回大当たりというものが見てみたい

と思い1パチに座ってみました。

 

その台には初心者向けのパチンコのやり方の解説がついていました。

それでやっとパチンコというもののやり方が分かりました。

 

そうしているうちにあっという間に1000円で大当たりしました。

 

出玉は止まらず14,000円くらいになりました。

店員さんに玉の取り出し方や換金の仕方を聞いたりして、あっという間に、

パチンコの虜になってしまいました。

 

店員さんを何回も呼ぶは、大当たりが続くはで周りの客の視線は冷たかったですが。

 

こうしていい気分になって地元の駅に帰ったのですが、

さっきの大当たりの興奮が忘れられない僕は、

またはじめに訪れた店舗へと戻っていたのです。

 

今回はやり方がわかるし、先程の店と同じ種類の台に座っていました。

 

レートは4倍の4パチでしたが・・・

 

ここでも当たったのですが大当たりは続かず、気付けば出た分は飲み込まれてしまいました。

 

その帰り道、

パチンコって中々楽しいじゃないか、またやりたい

と思うようになっていたのは言うまでもありません。

 

この日大当たりが続いたのはただの偶然なのか、

店側が初めてだから出して、カモを作ろうとしていたのか。

今となってもわかりません。

 

この日、仕事とか他に予定が入っていれば、今の状況も変わっていたのかもしれません。

 

つづく・・・

 

 

わだち

 

 

 

 

 - 借金 ,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。